TETE / LE SACRE DES LEMMINGS


tete2006

 

『ア・ラ・ファヴール・ドゥ・ロートン』から3年…テテ待望の新譜がいよいよ届きました!ファルセットを巧みに利用した歌声、耳に残るメロディー、そして何気なく聞こえながらもアイデア満載のアコースティックなサウンド・プロダクション~テテにしか表現出来ない世界が拡がっています。今回はレミング(北極たびねずみ)という哺乳動物の特異な生態をテーマにした、テテならではの「人間批評」が印象的な辛口アルバム。思わず一緒に口ずさんでしまうメロディーの奥に、人間の儚さ、哀しさ、面白さが歌い込まれています!

go top