CLAUDE NOUGARO


うう~、カッコイイですねえ!フィーリンですよ?? ジャズ世代のシャンソニエ、トゥールーズ出身の詩人クロード・ヌガロ1959年のファースト・アルバムがCD化されていたなんて、知りませんでした。2004年に惜しくも亡くなってしまいましたが、ポルタメントを多用、甘くジャジーな歌声はまさにフィーリン???(こればっかり、ですな、最近…)本CD収録の冒頭曲「ひとつの街があった」の大ヒットにて、一躍新世代の旗手となったヌガロですが、同世代のゲインズブールとはまた一つ違う、どちらかと言えば新たなスタイルを築くも決して高踏的にならず、地に足のついたシャンソン世界を繰り広げたわけですね…。で、ラテンあり、ジャズあり、シャアビ風から南仏吟遊詩人風あり、ということで~後年、数々のアルバムを世に問うたヌガロですが、当店的には、たぶんこのファーストが一番イイ!?




go top