MUSIC MAGAZINE 編集 / 中村とうようアンソロジー


1969年の創刊以来40年以上にわたり、故・中村とうようさんが『ニューミュージック・マガジン』『ミュージック・マガジン』、その増刊号・別冊に書いた数多くの記事の中から、音楽ファンのあいだで話題となった評論や、大いに役立ったアルバム・ガイドなどを選び編集されたアンソロジーの登場です。ロック、ソウル、ブルース、ジャズ、サルサ、ブラジル、アフリカ、アジア、歌謡曲──ジャンルを超越して音楽の楽しさ、おもしろさを熱く説き続けた中村とうようさん、そのメモリアルとして、あるいは、その全体像を知るための手引きとして、ぜひ!

 

★読者のバイブルとなったアルバム・ガイド~ブラック・ミュージックを知るためのレコード117(年鑑’77)/ 中村とうようのレコード100選(年鑑’78)/ 中村とうようが選ぶ大衆音楽100選(1989) / 年間アルバム・ベスト10 (1969~2010)
★新しい作品やムーヴメントを紹介した記事~ウィリーとプア・ボーイズ、南部へ行く(1970) / 大きく盛りあがったブルース・フェスティバル(1975)/ローリング・ストーンズは前人未踏の境地を行く(1977)/さよならキャンディーズ(1978)/サニー・アデの時代がやってきた(1983)/みんながブッ飛んだカッワーリー(1987)/ 激論・チャックD〔パブリック・エネミー〕(1989)/ ケルトとアフリカの“再会”がアメリカ音楽を生んだ(1996)/ 砂漠のブルース(2004 / クロス・レヴュー 絶賛・酷評セレクション… ほか
★若き日の愛聴盤を綴った未発表原稿”レコードが恋人だった(生涯の愛聴盤リストつき)”〜品切れ

 
『ロックが熱かったころ』 『ニッポンに歌が流れる』
各¥1575~品切れ

go top