LUCY FABERY / LA MUNECA DE CHOCOLATE


1931年プエルト・リコに生まれ、サンファンのクラブやキャバレーで15歳の頃から歌っていたそうです。そして、巡業先のNYでミゲリート・バルデースに出会ったことをきっかけにキューバへ渡り、1954年から58年まで滞在し、ハバナで歌い続け、その間、ホセー・アントニオ、フランク・ドミンゲスらの曲を吹き込むなど、すっかりフィーリンに共鳴~このCDにおけるような、紛れもなくフィーリンな録音群を残しました。ハスキー、中低音のセクシーな歌い口に青江美奈を連想される方も多いことでしょう(似てないか…)。この当時、いまだ20代半ばとは思えない大人の女の魅力をタップリ聞かせてくれます。しかもバックはフリオ・グティエーレスを中心としたモダン派の面々、これはフィーリンファンには是非オススメの逸品!



無断リンクすみません!
http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2012-05-01

1. Primera Lluvia
2. Ya No Soy Feliz
3. Vereda Tropical
4. Todo Pasa
5. Mi Corazon Baila Mambo
6. Larga Ausencia
7. Silenciosa
8. Horas De Angustia
9. Tengo Que Acostumbrarme
10. Tu Eres Mi Tentacion
11. Demasiado Amor
12. Noche Inolvidable
13. Eres Sensacional
14. Es Mas Que Amor
15. La Oportunidad
16. Tu Felicidad
17. Y Decidete Mi Amor
18. Si Es Posible
19. Tu Equivocacion
20. Refugiate En Mi

go top