17 HIPPIES / BIESTER


17HIPPIES1490年代半ばの結成、ベルリン・スタイルと呼ばれもする中欧ルーツフォーク&ミクスチュアーのカタチを営々と築いてきた17ヒッピーズ、とうとう17枚目のアルバムです(たぶん、ミニアルバムとかも含んで)!?で、この作、グループ創成期のレパートリーのセルフカヴァーはじめ、オールマン BROS.の “In memory of Elizabeth Reed”室内楽風?フランク・ザッパ”Peaches en regalla”をルーツ・フォーク・スタイルで、あるいはロマ調でカヴァーした”Worksong”、他にもルーマニア、アルバニア、メキシコのトラッド曲を引用した曲など、これまでにない多彩さを聞かせて充実!

>試聴可!

go top