ZIAD RAHBANI / BIL AFRAH


言うまでもなくフェイルーズの息子、ジアド・ラハバーニーの1977年作、アラブ古典インストルメンタル・アルバムのオリジナル復刻CDです。ハリム・エル・ルーミー(マジダの父)とサイード・ダルウィーシュ(現代アラブ音楽の父)とアルメニア古謡からの3曲以外は、すべてジアド・ラハバーニー自身の作曲となる10曲ですが、コレがもう素晴らしい!なんというか、アラブ・インストゥルメンタルのパナルト盤キューバン・ジャム・セッションとでも言いますか、アラブのデスカルガですねえ(…意味不明でしょうか?)。掛け声や囃し立てる声、手拍子や笑い声が常に聞こえ、旋律にあわせて勝手に鼻歌をうたい出したり、なんとも実に、いいムードなんですねえ、コレが!
もともとアラブ古典演奏は、任意のマカーム&イーカーに沿って作曲された曲を演奏しながら、その主題を次第に即興を交えながら膨らませて行くところに醍醐味があるわけで、そうした即興演奏を収めたCDというものは、まあ、今でもあるでしょうけど、こんな風に、なんだか古き良き時代のアラブのカフェでの演奏風景をそのまま再現したようなアルバム、実際問題、貴重です。アラブ古典器楽演奏というと、特に近年は、シャチホコばったCDばかりで、なんだかなあ、と思っていった貴兄には最高のプレゼントかと、加えて、鍵盤奏者ジアドのアコーディオンがまた素晴らしいんですね、これが!

Accordion – Ziad Rahbani
Bass – Hanna El-Salfiti
Bouzouki – Malek Bajjani, Nicolas El-Dik
Kanun – Ahmad Mneimneh
Ney – Joseph Karkour
Oud – George Abyad, Said Salam
Darbuka – Setrak Sarkisian
Tambourine – Michel Baklouk
Violin – Mohamad Al-Labban
Arranged By – Ziad Rahbani

go top