V.A. / ROOTS OF RUMBA ROCK 2, 1954-1955


★ザイール・クラシックス 2

“ROOTS OF RUMBA ROCK” に続く第二弾、乱立する多彩な音楽スタイルが一つの太いベクトルに収束しつつあった1954 – 55年のザイレアン・ポップス黎明期を完全ドキュメント、ルンバ・ロックの原型がここに。

1 Liengo Esengo / Ya La Beauté 3:16
2 Kalafayi Jean / Balbi Na Pimbwa 3:16
3 Fataki Camille / Caroline 3:00
4 Nganga / Senene Mingi 2:51
5 Tino Mab / Banani Wana ? 3:02
6 Taureau / Boyoki Lisolo ? 2:59
7 Adikwa / Kanisa, Elise 3:04
8 Bowane / Mbula Ebeti, Naleli 2:57
9 De Wayon / Nicodème Lulu 3:09
10 Bolalia Pedro / Oka Banzola 2:47
11 De Wayon / Bana Bosenge 2:56
12 Same Raymond / Osi Dia Mba Nyue 2:48
13 Bossocould David / Ndumba Madeleine 2:54
14 Bowane / Liwa 3:06
15 De Wayon / Ayebi Kobota 2:53
16 Adikwa / Mwasi Wa Kalemba 2:59
17 De Wayon / Tuba Mbore 3:09
18 Kalima Pierre / Olingi Na Sala Boni 2:55
19 Nganga / Liwa Ya Nkoko 3:04
20 Kalima Pierre / Bomba Na Motema 2:51

1.ラ・ボーテの喜び (オレノ・レリンゴ)
2.ひとはわたしに逃げろという (カラファイ・ジャン)
3.カロリーヌ (ファタキ・カミーユ)
4.セネネ・ミンギ (ンガンガ)
5.彼らは誰? (ティノ・マブ)
6.噂を聞いた? (トロー)
7.カニサ・エリーズ (アディクワ)
8.雨が降る、わたしは泣く (ボワーネ)
9.ニコデム・ルル (ドゥ・ワヨン)
10.バンゾラを聴け (ボラリア・ペドロ)
11.ボサンジュ通りの子どもたち (ドゥ・ワヨン)
12.オシ・ジャ・ンバ・ニュエ (サム・レイモン)
13.若い娘マドレーヌ (ボソクルド・ダヴィッド)
14.死 (ボワーネ)
15.彼女はすばらしい子どもを産んでくれる (ドゥ・ワヨン)
16.ンワンジ・ワ・カレンバ (アディクワ)
17.よく話して (ドゥ・ワヨン)
18.わたしに何をさせたいんだ? (カリマ・ピエール)
19.祖父の死 (ンガンガ)
20.心のなかに忘れずに (カリマ・ピエール)

go top