V.A. / CALYPSO, Musical Poetry In The Caribbean 1959-69


calypso-souljazzUKソウルジャズ新譜は、トリニダードからジャマイカ、バハマほか、英語圏カリブのカリプソ・コレクションです。しかも1959〜69年録音の19曲ということで、ま、円熟期〜ジャンプアップ・スタイルによるダンス・カリプソへの移行を視野に入れつつも、P50ブックレット付きということで、その歌詞、ポエトリー、いわゆるピコンに関しても解剖している模様。結局、オールド・ブリゲイドからヤング・ブリゲイドへの変化を探っているのか、どうか?ま、ラテン系ビートや北米R&Bからの影響強化など、この時代のカリプソが一番ヴァラエティに富んでいながら、古いカリプソのポエトリーもとどめてていたということで、UKソウルジャズらしい選曲となっているわけですね、たぶん(というか、ま、端的に、ラウンダーやフォークウェイズ、オネストジョンズあたりのカリプソ・コレクションと被らないようにしているんでしょうけど…)。で、もちろん、レアー曲含みます。
>試聴可!

1. Lord Cobra y Los Pana Afros – Man On The Moon (2.50)
2. Young Growler – Pussy Galore (2.30)
3. Lord Hummingbird – Teenage Bossa Nova Girl (2.42)
4. Lord Byron & Orquesta Nueva Alegria – Yes ParssIn (2.56)
5. Cyril Diaz & His Orchestra – Voodoo (3.49)
6. Lord Flea & His Calypsonians – Out De Fire (2.10)
7. Brownie – The Bed Bug Song (2.23)
8. Count Zebra and The Seasiders – Cat-O-Nine (2.06)
9. Carlos Malcolm & His Afro Jamaican Rhythm – Elena (2.19)
10. Azie Lawrence and The Carib Serenaders – West Indians in England (2.10)
11. Lord Cobra y Los Pana Afros – Negro Heart (3.00)
12. Lord Kitchener – Love In The Cemetery (3.27)
13. Charlie Binger & His Quartet – Jamaica Is The Place To Go (2.46)
14. Mighty Dougla – Exchange No Robbery (4.06)
15. Viper – Dog Better Than Man (3.03)
16. Lord Kitchener – Jamaican Woman (2.24)
17. JB Williams Band – Gee Bongo Lay (3.16)
18. Lord Ivanhoe & His Caribbean Knights – Lift The Iron Curtain (2.35)
19. King Fighter – People Will Talk (3.58)

go top