TRIO MATAMOROS Con La Orq. De Antonio Maria Romeu


MATAMOROS-UNK-30117「ソン・デ・ラ・ロマ」「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」など、今も多くのアーティストにカヴァーされ続けるキューバ音楽の父ミゲール・マタモロス。そ して彼をリーダーにトローバからソンの時代を引率したグループの一つトリオ・マタモロスが、なんとダンソーン・オルケスタと共演した1931年(?)録音 を6曲含む、超貴重音源をアナログ時代にたぶんメモリア・レーベルがLP復刻したアルバムのストレート・リイシューCD-Rだと思われます。ここではその ダンソーン・バンドをアントニオ・マリア・ロメウの楽団と記していますが、オリジナルのSP盤には、オルケスタ・ビセンテ・シグレールとクレジットされて います。このあたり謎ですが、どちらにしても内容は素晴らしいもので、民衆の音楽ソンと少し上流の音楽とも割れていたダンソーンが、こんなふうに交流し影 響を与えていたのは、当たり前といえば当たり前ですが、音として残っているのは素晴らしい。キューバ音楽ファン必須です。
CD-Rですが、音質は良好だと思います。(サプライヤーインフォより)

1. QUINCE
2. CAMINANDO SE VA LEJOS
3. ROMPIENDO LA RUTINA
4. MI ULTIMO CANTO
5. BOLICHANG
6. A MIS AMISTADES
7. LA BOMBA LAGRIMOSA
8. TU Y YO
9. OJOS QUE BESAN
10. TU SI YO NO

go top