TOTI SOLER / FILL DE LA FORTUNA


奥深い音楽性が宿るカタルーニャを代表する名ギタリストの新作!
 スペイン・カタルーニャを代表するギタリスト、トティ・ソレール(1949年バルセロナ生まれ)。活動を開始した1960年代からカタルーニャ・ミュージック・シーンを牽引し続けてきた、スペインにおける重要アーティストのひとりと目されています。その彼が2019年制作のコンピ盤『散らばった歌』以来となる新作を発表してくれました。
 ギタリストとしてのその見事な腕前はもとより、ブルース、ジャズ、ロック、クラシック、フラメンコと、そのレパートリの広さでも有名な彼ですが、70年代にはカタルーニャ音楽にジャズ/ロックを融合させたバンド、OMのギタリストとしても活躍。彼の斬新なサウンドや高度なテクニックは、プログレッシヴ・ロック・ファンの間で今も伝説として語り継がれています。その後ソロ作品においても、フラメンコとジャズ/ロック/フォーク・ロックを融合させたアルバム“El Cant Monjo”(75年)、汎地中海フォークロア音楽をジャズ/フォーク・アレンジで演奏した“Laia”(78年)など独自の音楽世界を展開。80年代、90年代と時代の移り変わりを経験しながらも独自の音楽性/多様性を保ち続け、その流れのままに今現在もコンスタントなアルバム・リリースが継続されています。近年ではアクースティック・ギターによる心地よさと静謐なムードが魅力的なインストゥルメンタル作品を中心に創作活動を展開。インターナショナルなカヴァー・ナンバーを地中海色豊かに演じた『ペティタ・フェスタ』(2018年)など、素晴らしい作品を残してきました。
 そんな彼の通算37枚目のアルバムがこちらになります。ガット・ギターによる彼ならではの超流麗なソロ・ギター・ナンバーでは、フラメンコやクラシック、ジャズ、ボサ・ノーヴァ etc…といった様々な要素が散りばめられ、その奥深い音楽的知識が感じられます。さらに唯一無二の歌唱力を持つカタルーニャの才媛ジェンマ・ウメット⑤、注目の若手SSWサンドラ・ボニージョ②⑮といったゲスト歌手が参加している点にも注目です。
 南欧音楽ファン、そしてギター音楽ファンの方は是非とも注目してください。
〜サプライヤーインフォより
●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。

1. Nedant en el vent entre les fulles lluminoses
2. Al pati creix un arbre estrany
3. Oració a la vall
4. L’ase i els galls
5. L’espera inútil
6. Mariana Alcoforado
7. La Santa Espina
8. La Muixeranga
9. Barqueta de la bona nit
10. La Maria d’aleshores
11. Eterna joventut
12. Som
13. Excessiva mel
14. Dins del meu cor
15. Tardor
16. Una gota de llum
17. Fill de la fortuna

go top