TITI ZARO / POEM DE ZOREOL


TITI-ZAROマルチなインストルメンタリスト女性二人のユニットです。そのひとり、オリアンヌ・ラカイユはレユニオン島を代表するアコ奏者ルネ・ラカイユ(このアルバムにも参加)の娘。そしてコリンヌ・ランディールにはたぶん南フランス女性、でしょう。クレオールと地中海の豊穣な音楽性に祝福されたような、多彩な楽器群の繊細なアンサンブルと太陽の香りがする女声二重唱、それに加えてLo’Joのメンバー(リーダーのドニ・べアン他5人)と十数人の達者な楽器隊が織りなすリリカルできめこまかくアトモスフェリックな12曲が展開されます!

go top