THU MAUNG / YADANAR MYAING


トゥマウン(1951-2010)、70年代以降、ミャンマーで活躍した有名俳優であり歌い手、作曲家であり小説も著し、そして映画監督もつとめた万能の人ですね。ま、ジャケ写からして大物感漂うわけですが(昔いっしょに中途半端なバンドやってたO山君の今の管理職姿にクリソツなので、長らく在庫してきたこのCDのジャケを見る度にソックリ!と眺めて来ましたが、そういうことはともかく)、こちらはおそらく晩年の録音?、ミャンマー歌謡のPOP化において、軽音楽的なまとまり感が、こなれたライトな感覚で楽しめる作となっています(って、何言ってるかわからない、という方、正解です。わたしにもよくわかりません。依然として、ミャンマー音楽の摩訶不思議感はPOPさの中にも残ります)。

go top