YUNA / DECORTE

マレイシアから、珍しいタイプの女性SSW!ユナは現在23歳~14歳から作曲を開始し19歳で音楽シーンに登場~当時はまだクアラルンプールの大学で法律を学ぶ学生だった彼女は、インターネットの MySpace で自ら売り込みを掛けて人気を集めたそうです。さらに今年行われたマレイシア版グラミー賞=“AIM17”では最優秀新人賞や最優秀楽曲賞など、なんと4部門を制覇! …

続きを読む>

AISHAH / ANAK

1990年代のワールド・ミュージック・ブームの頃にここ日本でも大きくプロモートされ、93年には久保田麻琴プロデュース作で日本デビューも果たしたマレイ歌謡の女王アイシャ。その後伝統系の歌を中心に活動するようになった彼女の2010年最新作がこちらです。タイトルの『アナック』とは子供のことで、彼女の二人の息子さんに捧げた内容の模様。曲によっては宗教色の強いものもあ …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / UNTUKMU SUDIR (2CD)

名実ともにマレイシアを代表する女性歌手に成長したシティ・ヌールハリザ。そんな彼女が2002年に発表した2枚のライヴ・アルバムが1パッケージになって復活~ただし、このアルバムでは自身のオリジナル・ヒット曲は皆無。70~80年代に活躍したマレイシアの偉大な男性歌手、スディルマン(1954-1992)のレパートリーを取り上げています。マレイシアでもっとも権威のある …

続きを読む>

ZALEHA HAMID / ASMARA

☆ザレハ・ハミッド / アスマラ タイトル曲がエルフィ・スカエシのカヴァー、同じように濃密な歌いまわしながら、ややマイナーな表現も聞けるのがマレイシアならでは?本作は70年代から歌い始め、80年代にはインドネシアのダンドゥット・スタイルをレパートリーとし一時代を画したザレハ・ハミッド、1986年の名作(プラス2曲ボーナス)〜輝かしい東南アジアの80年代が封印 …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / THE CONCERT Royal Albert Hall, London

★シティ・ヌールハリザ/イン・コンサート~ロイヤル・アルバート・ホール  マレイシアの歌姫シティ・ヌールハリザが長い歴史を持つロンドンの劇場ロイヤル・アルバート・ホールで2005年4月に行ったコンサートの模様を収録した2枚組ライヴ盤がこれだ。  レパートリーは初期のヒット曲から最新作まで幅広く網羅。そしてお洒落なポップ・スタイルからマレイシア伝統歌謡まで多彩 …

続きを読む>

JAMILAH ABU BAKAR / INI BARU “KERONCONG EKSKLUSIF VOL.1”

クロンチョン・マニアの方々にオススメです!マレイシアの新人クロンチョン女性歌手~若々しく、しっとりとした歌い口が正統クロンチョン・スタイル / アコースティックなバッキングに映えますねえ(勿論クロンチョン・ギター奏)。で、なぜ、マレイシアでクロンチョン??なんて野暮なことは言わない下さい ね、その辺のことは>こちらに詳しいのでご参照下さい(いつも無断リンクす …

続きを読む>

YUNA / TERKIR DI BINTANG

これはイイ! マレーシアのUAとでも言いましょうか?(いや、UAよりも全然イイ!ぶれてない)マレーシアの女性シンガー・ソングライターYUNAこと Yunalis Mat Zaraiの12年作。現地ではキャノンのCMに登場し、北米でもCDデビューを果たした彼女。敬虔なムスリムの証拠であるベールを被ったままに、ギ ターをつま弾き、自作のメロディーを英語詞に乗せて …

続きを読む>