SPERANTZA VRANA / APOPSE EISAI GIA FILI


ギリシャの女優にして作家、スペランツァ・ブラナ、生年は明らかにされていませんが(1926 or 1932 だそうです)、09年に亡くなっています。アルバム(CD)は、2枚のみですが(内容はそう変わりません)、本CDが曲数から言ってっも決定盤でしょうね。
26曲も収められていますが、1分ぐらいの曲も多く、要するに1950〜1999年まで、数多く出演した映画の挿入歌や、あるいは、著作が評判を呼 んで、録音した曲も並んだCDということになるでしょうか。女優さんの余芸というには達者な歌が、ライカもマンボも、軽快に歌いこなしているような内容かと。決して重くならないところが魅力でしょうね。
自伝はじめその著作は、世情や男女関係などを鋭く簡潔に批評、断罪?切り捨てたような辛口なものだったらしく、晩年にはTVなどにもコメンテーターとして出演したようです。

1 Δώσε
2 Να Τι Θέλει Η Γυναίκα
3 Σκότωσέ Με (Το Μαχαίρι)
4 Το Όνειρο Της Αγάπης Μας Έσβησε
5 Αχ, Μαρί
6 Κορόιδα
7 Κομμένη Και Ξαναρίχτα
8 Η Γλώσσα Του Λαού
9 Απόψε Φίλα Με
10 Ντερμπεντέρισσα
11 Χατζηκυριάκειο
12 Σουρωμένος Θα ‘ρθω Πάλι (Φαληριώτισσα)
13 Αρχόντισσα
14 Σαν Μαγεμένο Το Μυαλό Μου
15 Τρελό Κορίτσι
16 Νυχτερίδα
17 Νύχτες Μαγικές
18 Τσιφτετέλι
19 Φραγκοσυριανή
20 Μπουφετζής
21 Η Βαλίτσα
22 Το Τελευταίο Τραμ
23 Μη Μου Κάνεις Το Αντράκι
24 Απόψε Είσαι Για Φιλί
25 Αυτό Το Μάμπο Το Μπραζιλέρο
26 Μάμπο

go top