SHIRLEY COLLINS / HEART’S EASE


数年前のこと、久々カラオケ行って歌ったら、昔は難なくウタえた歌が、ウタえなくなっていると知って、ちょっとショック受けました。声が出ないんですね、高音域というほどのこともない音程がウタえなくなっている、しかも声量というより発声じたいに全然、力がない、フヤけている。もはやコレまでと歌手生命(というかカラオケ生命)の終わりをマザマザと見せつけられることになったワケですね(って、4〜5年に一回行くか行かないかのカラオケ生命を絶たれたところで、な〜んにも問題ありませんでしたけどね、別に)。ま、タバコやら酒やら不摂生のせい、ということになるんでしょうが、もし、プロの歌い手だったら、こりゃー、もう当然、引退ということにもなるんでしょうね、このシャリー・コリンズも1979年、44歳の時に早くも一旦、以前のような声がでないという理由で歌手活動をやめてしまうんですが、2014年、79歳でカムバック、この新作が復活2作目、85歳のアルバムになるんですが、是非はともかく、ふ〜ん、歳取れば取ったなりの味わいがあるもんだなあ、と、感心しました。それならば、オレもダメになった喉(そもそも最初からダメダメでしたが)でもウタえる歌を探すか?なんて、思うわけないですよね、冗談です…、って、まるっきし商品説明になっていませんが…。で、シャーリー・コリンズには勿論、こんなHPを読まされてしまう皆さんにも、ただただ申し訳ございません!としか、言いようがありません…

1 Merry Golden Tree
2 Rolling In The Dew
3 The Christmas Song
4 Locked In Ice
5 Wonderous Love
6 Barbara Allen
7 Canadee-i-o
8 Sweet Greens & Blues
9 Tell Me True
10 Whitsun Dance
11 Orange In Bloom
12 Crowlink

& 16 page booklet

go top