PRODROMOS TSAOUSAKIS / TA PORTRAITA TIS MINOS-EMI


プロドロモス・ツァウサキス、1919年イスタンブール生まれ、3歳で両親とともにテッサロニキに移り、若くしてプロレスラー !! として活躍するも、ギリシャ・イタリア戦争(2次大戦)が始まると志願兵として戦い、イタリアを支援したドイツ軍に捕らえられ拷問を受けるも耐え抜いたそうです。その後、テッサロニキに帰還、妻となる女性と出会って居酒屋を呑み歩くうちに、ドイツ占領下のアテネを避け、テッサロニキのクラブで歌っていたヴァシリス・ツィツァーニスと出会い意気投合、ヴァシリスのもとで歌い始めたプロドロモスでした。1946年にはレコーディング・デビュー、1979年に60歳で亡くなるまで、レベーティカ系自作自演歌手として150以上の曲を作り、アテネのクラブを中心に夜ごと歌い続けました。そんなプロドモスに憧れ、15歳のステリオス・カザンジディスが、歌手の道を志したという話も有名ですね。
本盤はOdeon / Reagal -EMI音源 50〜60年代録音を中心としたベスト盤となります。ユルイのか、眠いのか、余裕なのか、その悠揚迫らぬ歌い口がたまりません!レナ・ダリア、マリカ・ニーヌ、オアンナ・イヨルガコプール、ソティリア・ベール、リツァ・ディアマンティといった女性歌手とのデュオがたっぷり聴けるのも嬉しいところ。

1 Το Κορίτσι Θέλει Απόψε
2 Όμορφη Θεσσσαλονίκη
3 Μια Στενοχώρια Που Έχω Απόψε
4 Θα Τραβήξω Τα Ποτήρια
5 Πέφτουν Της Βροχής Οι Στάλες
6 Χωρίσαμ’ Ένα Δειλινό
7 Μικρός Αρραβωνιάστηκα
8 Ήθελα Να΄μουνα Πασάς
9 Θα Γυρίσει Κι Ο Τροχός
10 Γόησα Μποέμισσα
11 Πω Πω Πω Μαρία
12 Όπου Πατώ Το Πόδι Μου
13 Η Μάγισσα Της Βαγδάτης
14 Ρίξε Τσιγγάνα Τα Χαρτιά
15 Τι Θες Και Πας Στς Μάγισσες
16 Συννεφιασμένη Κυριακή
17 Στου Τσελέπη
18 Μπρος Στο Ρημαγμένο Σπίτι
19 Στο Λόφο Του Σκουζέ
20 Είμαι Καθώς Πρέπει Άντρας

go top