PENGSHI PHUNCHUII / KURNGTEEP


タイはバンコク周辺の60年代の都会歌謡、ルーククルンの歌手ペンスリ・フンチュイのコンピレーション。パーチョーのあだ名で親しまれた国民的人気歌手。12歳でデビューしてタイ歌謡の発展に努め、1991年にはタイ王国国家芸術家に認定されたそうです。ルーククルンとはタイの優雅なボーカルミュージックという趣で、地域は違えど時代が近いキューバのフィーリンやインドネシアのクロンチョンなんかにも通ずる魅力がある、なんともノスタルジックでレイドバックな佇まいの音楽。
バックの演奏もストリングスがなんとも言えない優雅さで、当時でもかなりの支持があったと思われます。緩い、遅いテンポはハワイアン?という声や、いわゆる和モノの魅力にも近いですよね。この湿気感はトロピカル音楽ですよ!色んな音楽好きが楽しめる豊穣な魅力に溢れています。ベテラン・ラテンリスナーにもツボの部分があるようですよ。(サプライヤーインフォより)

go top