PEDRO LIMA / RECORDAR É VIVER, Antologia Vol. 1

中部アフリカのギニア湾に浮かぶ、複数の島からなる旧ポルトガル領の島国サントメ・プリンシペを代表した男性歌手、2019年に75歳で亡くなってしまったペドロ・リマの本格的復刻シリーズ第一弾(vol.1 とありますから、vol.2 も、きっと出るんでしょう。〜以前>4曲収録ミニ復刻CDもリリースしていたスイス、BONGO JOEより)!
同じくポルトガル語圏、ルアンダ・マナーの “メレンゲ” にも似るとされているようですが、フレンチ・クレオールのカダンスやコンパ、ブラジルはバイーアのカーニヴァル音楽、アフォシェにも、そして、加えてルンバ・コンゴレーズの影響を受けたとされるその音楽性、なかなかコミ入った出自を想像させるわけですが、聴いてみれば、ごくごくシンプル、乱暴な言い方をするなら “アフリカン・メレンゲ” とでも呼べそうな感じでしょうか?理屈抜きにダンサブル、あっけらかんとした2コード反復ギターバンド演奏の狭間から、飾らずヴァイタルな歌なれど、どこかナチュラルなサウダージを感じさせるところ、実に魅力的ですよ。で、23人のお子さんがいたそうですよ(スゴ)!

>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝&感謝)!

1.Ami Cu Manu Mu 06:08
2.Philomene 07:57
3.Inen Mina Flguedja 05:08
4.Sueste 07:03
5.Meu 06:45
6.Subocha 05:14
7.Balança Cunxença 05:05
8.Non Conveta Quâ 06:33
9.Minha Cutchu 07:17
10.Glavi Funçon 05:24
11.Vida Sá Uâ Só 07:02
12.Floli Xacla 07:13

go top