PANAGIOTIS MICHALOPOULOS ‎ / TA KALAMATIANA TOU PAN. MICHALOPOULOU (paradosiaka)


パナイオティス・ミハロプロス(1924−1992)の晩年1989年作ですね、1951年にレコーディング・デビュー、ダグラス・フェアバンクスのような髭がトレードマーク、ブズーキを弾き、ディモーティカ、レベーティカ、ライカと縦横に歌いこなす人でした。70年代に入ると大いに人気を博し、92年に亡くなるまでに多くのシングルと30枚近いLPを残しています。本作は生まれ故郷のペロポネソス地方メッシニア県の県都、カラマタのフォークロアに起源を持つとされるギリシャ有数のダンス音楽にして歌謡、“カラマティアノ”を存分に歌った作。縦横に飛び交う?クラリネットの演奏と深いコクを感じさせるパナギオティスの歌声…、たまりません!

1 Σιγά Την ¨Αμαξα
2 Τριανταφυλλιά
3 Μου Παρήγγελε Τ’ Αηδόνι
4 Κουλουριώτισσα
5 Μαντήλι Καλαματιανό
6 Τζανέμ Ποταμέ
7 Ζέψε Απόψε Τ’ Αμαξάκι
8 Ναχα Νεράτζι Ναριχνα
9 Παπαλάμπραινα
10 Φιλιατρινούλα
11 Με Την Καρότσα Που Γυρνάς
12 Κόβω Μια Κλάρα Λεμόνια

 

go top