OMAR SOSA / EGGUN


omar-sosa13人気アフロ・キューバン・ピアニスト、オマール・ソーサが久々に自身率いるセクステットで録音した通算23枚目となる作品。マイルス・デイヴィス『カインド・オブ・ブルー』へのオマージュ的内容で、同作にある無限の音楽表現への解釈や希求といったものが、西アフリカで祖先の精神を意味する『エグン』というテーマのなかで展開され、壮大なアフロ・ジャズとなっています。モザンビーク出身の強力なアフリカン・ベースを弾くチルド・トマス、ドラムンベースの傑作も残すビート・マスター、マーク・ギルモアら、オマールの自由奔放な展開をサポートする気心の知れた実力派の他、人気作品『アヤグナ』で共演したパーカッショニストGustavo Ovalles 他ゲストも多数が参加!

go top