OKI meets MISAKO OSHIRO / 北と南


沖縄民謡の大御所 / 大ヴェテラン女性歌手とアイヌ音楽の改革者OKIによる共演作で、OKIオリジナルの2曲を除けば、トンコリが大城の三線弾き語りに歩み寄り、一つの歌を結んでいますね。プロデューサー、あるいは器楽奏者としてのOKIの柔軟さは引き立ちますが、どこに共演の必然性があるのかはわからない、ということはあります。が、しかし、その、必然性のないままに北と南の音が交わる中、沖縄らしくない“沖縄民謡”が時として浮かび上がって来るところが、非常に気持ちイイ作品となりました。と、もう一つ、オリジナル2曲の音楽の自由!?これがまた前代未聞の聞きものです!

 

http://www.tuff-beats.com/1026/index.html

go top