NIKOS PAPAZOGLOU / MA’ISSA SELINI


ヴェテラン/モダーン??レベーティカ系シンガーソングライター=ニコス・パパゾグルーの05年作です(結局遺作になってしまいました)。80年代のデビュー以来、一貫して、いぶし銀のバグラマー・プレイと、戦前の歌い手たちを彷彿とさせる不器用な歌い口で、これぞギリシャと言うべき作品をリリースし続けていたものの、90年代後半からは、作曲活動のみに専念、突然、自ら歌うことをしなくなってしまったパパゾグルー、待望の復活作です。そしてその内容はと言えば…、一時はレベーティカ・ロックとでも呼べそうな独自なフォーク・ロック路線も聞かせた彼ですが、この新作、既に廃盤となって久しい幻の傑作ファーストに回帰したような、シンプルなレベーティカ路線!ファンには嬉しい復帰作となりました。さすがに年輪も感じさせて、ギリシャならではのブズーキ、バグラマーを中心とした弦アンサンブルの表情も、やや柔らかくなり、その朴訥なヴォーカルも、やや丸くなったように感じさせますが、この人ならではのセンチメンタルでタフな抒情に変わりはありません。ギリシャにおいても一種、別格のシンガーソングライターとして在り続けて来たパパゾグルーの復帰作にふさわしい、聞けば聞くほど味のあるイイ作品になりました…。

1 Μά ‘ισσα Σελήνη
2 Ανδόρα – Κορσική – Χανιά
3 Σ’ Ένα Μπαγλαμαδάκι
4 Μ’ Ένα “Γειά”
5 Αόρατοι Σταυροί
6 Καρρώ Κουβέρτα
7 Πικρό Ψωμί
8 Επαρχία
9 Ό,τι Με Πλήγωσε
10 Απόπειρα Λαθραλιείας
11 Όρτσα Πρίμα
12 Τόδε Τι
13 Ξεσπάει Αέρας
14 Να Μη Σ’ Έχω
15 Στιγμές

go top