NASIA KONITOPOULOU / KAPETANIOS O EROTAS


キクラデス諸島で一番大きな島、ナクソスの島唄の大家にしてヴァイオリニスト、ミハリス・コニトプールの息子の、やはり音楽家、ヴァイオリン奏者にして歌い手のヨルゴス・コニトプール(1933-1991)の娘であり歌手、ナシア・コニトプールの3作目(1997)のアルバム、美人です(ナクソスの名門、コニトプール一族の一員ということで、>ステラ・コニトプールとかとも、きっと縁戚関係なんでしょうね)。
初レコーディングは1985年、父のアルバムで歌い、89年、90年と父ヨルゴス晩年の作に客演、そして91年のヨルゴス・コニトプール遺作は父娘連名の作でした。
youtubeで2017年の>シングル録音(ダウンロードのみ)を見つけて、あれま、久しぶりと懐かしく、それが相変わらず良かったので、大好きなこの作を最近何回か取り寄せていましたが、取り寄せるたびにジャケ売れ…?HPにUPする間もなかったのでした(もちろんその後もCDは出しています。民謡ノンストップ・ライヴ2CDなんかも何年か前に出しているようですが、未聴)。アテネで生まれ育ったナシアですが、祖父の代から受け継いだ島唄の風情、そしてリラならぬヴァイオリンの音色がこの作でも、そこかしこに聞こえて、東地中海の潮風を伝えます。

*裏ジャケ角に一箇所少し水シミ跡あり&ジャケ多少経年劣化、CD盤は特に問題のない中古盤で在庫あります(ケース交換済み)。¥1900

go top