MWANA MWAMBAZI / UKIMPIGA CHURA TEKE


こちらも在庫再発見!?改めてご推薦〜
タンザニア現地盤CDです。まったく何の情報もありませんが、でも、一聴して本CDの主ムワナ・ムワンバジは、ゴゴ人とわかります。ゴゴの若手リンバ(親指ピアノ)弾き語りということでしょうね。加えて、ゼゼ(一弦ヴァイオリン)を弾く復唱者&エレキベースに各種打楽器がつく編成で、いかにもフクェ・ザウォーセのフォロワーという雰囲気も伝わって来る録音かと。濁声浪花節風からハラーっぽい歌い口まで聞かせる奔放な歌声は、寄りそう複数復唱者も巻き込み、実に現地メイドならではの面白さを味あわせてくれます。もちろん、ザウォーセと較べるには、まだまだ、かとも思いますが、全体にタフなムードと、前傾の勢いを感じさせる音楽性が、なんだか “ブルース”ですよね!
で、その、異なる方向性という意味も含めて気になるのは、全8曲のうち2-3-7-8曲目は、リンバもゼゼも聞こえないベース&打楽器アンサンブル中心の伴奏で、そこにヴォーカル&コーラス、ホイッスルがフィーチュアーされるダンス曲なのでした。~この4曲、鋭意、ゴゴ伝統音楽の新たな展開と考えることもできるかも知れませんが…、 ほか半分の曲が従来のスタイルに沿った出来映えだけに、ちょっとトートツな感もあり。それでも、 何回か聴いてたら、違和感はなくなって、もしかして、コレって、シャンガーン・エレクトロ風ゴゴ・スタイル? あるいはゴゴ流ボンゴ・フレーヴァー? とも聞こえ出して来たのでした。

go top