MIGUELITO CUNI Con Chappottin Y Sus Estrellas


ポピュラー音楽史上アフロキューバの伝統の最高の具現者といわれた名歌手ミゲリート・クニ。アルセニオ全盛期のリード・ヴォーカリストで、アルセニオ渡米後も直系バンド、チャポティーンのコンフントで活躍しましたが、本作は1957年にパナルト社からリリースされた、チャポティーン名義の名作『アルト・ソンゴ』(LP-2072)のリイシューです(1曲、オリジナル盤とは別タイトルとなっています)。
張りのある声と独特の哀愁で、ソンの最高の歌い手といわれるミゲリート・クニと、キューバのトランペット・スタイルの基礎を築いたと言われるチャポティーンが作り出すサウンドは、コンフント・マッチョと呼ばれた男らしいサボールむんむんの音で溢れ、強烈なソンのビートでグイグイ聴く者の腰を揺さぶります。1950年代ということで、まだアルセニオのサウンドの影響が垣間見られますが、ミゲリート・クニはこの時代が一番脂がのっていたのではないかと思われる声の張りです。
盤起こし?と思われ、若干の音擦れ等ございます。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Alto Songo (Son Montuno) Songwriter: Luis Martínez Griñán
2. Fue un Espejismo (Bolero) Songwriter: José Puig Cafero
3. Nunca Vayas a Pensar (Guaguancó) Songwriter: Jesús Martínez Leonard
4. Recuerdos de Tu Amor (Bolero) Songwriter: Eloy Oliva Elossegui
5. Nosotros los Amalianos (Guaguancó) Songwriter: Eloy Oliva Elossegui
6. Si Me Hubieras Oido (Bolero) Songwriter: Luis Martínez Griñán
7. Mentiras Criollas (Son Montuno) Songwriter: F. Chappottin
8. El Infortunio (Bolero) Songwriter: Félix Amaro Ferrer
9. Soy Imperdonable (Bolero) Songwriter: Luis Martínez Griñán
10. Adversidad (Bolero) Songwriter: Traditional
11. Esto Si Se Llama Querer (Bolero) Songwriter: Traditional
12. Adios Que Te Vaya Bien (Son Montuno) Songwriter: Sabino Peñalver

go top