MARIO‎ / O ARAMPAS ME TIN MARIO


1945年テッサロニキ生まれ、母親がトルコ生まれなので、トルコの歌やアマネス(アマーン・ソング)を子守唄に育ったそうです。父は打楽器奏者であり、楽器制作者だったということで、その音楽的環境は申し分なし。70年代の初め頃からテッサロニキで歌い始め、シングルデビューは75年、その後、幾つかのアルバムに参加していましたが、アテネに拠点を移し、ソロ歌手として知られるようになったのは、1988年のLyra からのホドロナコスとの共作レベーティカ・アルバム、そして同じくLyra から出た1990年のヨルゴス・ジカスとの共作あたりでしょうね(>CD化は97年)。で、その次なる録音、1991年作はホドロナコスとの共演続編作でしたが、こちら1993年作『馬車のマリオ』では、とうとう1枚看板、マリオのリーダー・アルバムとなるのでした。イイ声、イイ顔、ちょうどイイ歳(この時、48歳の円熟!)、3拍子揃った充実盤と言えるでしょうね!?1

01 Μάμπο Με Τρελές Πενιές
02 Ε, Ρε Και να Γινότανε
03 Οι Αυγουλάδες
04 Θεσσαλονικιά
05 Φίλα Με Γιατί Λιώνω
06 Σ’ Όλους Τους Συνοικισμούς
07 Ο Αχινός
08 Φτώχεια
09 Έσπασε Η Στριμμένη Σκάλα
10 Τα Μαλλιά Τα Γκρίζα
11 Αραμπάς Περνά
12 Μιά γυναίκα δύο ανδρες
13 Χτύπα Γύφτισσα Το Ντέφι
14 Γιάλα-Γιάλα

go top