LES BANTOUS DE LA CAPITALE / LES GRANDS SUCCES, Vol.4 – Vol.5



もうひとつのコンゴ“コンゴ・ブラザヴィル”を代表するバンド!
 ザイールという国名で知られたコンゴ民主共和国(首都はキンシャサ)のお隣にあるのが、“もうひとつのコンゴ”ブラザヴィルを首都とするコンゴ共和国(コンゴ・ブラザヴィル)。その国を代表するルンバ・コンゴレーズのグループといえるのがこちらのレ・バントゥー・ド・ラ・カピタールです。結成は50年代の終わりで、当時川を挟んでお隣のキンシャサ(レオポルドヴィル)のロニンギサという録音スタジオで音楽活動を行っていたエッスー、マラペ、パンディの三人が、アフリカ各地で一気に高まった独立機運に煽られ、母国に戻って新バンドを結成、オルケストル・バントゥという名前で活動を開始しました。その後60年代より国民的バンドとして圧倒的な人気を博すようになった彼らは、66年よりバントゥ・ド・ラ・カピタールという名前に改名し80年まで活動を行いました。その後は活動停止状態にありましたが、政府の援助で86年にバンドが再開。その後も活動を続け、2007年にはライスから『バコロ・ンボカ』(CAR-742)という作品も発売され、その健在ぶりをアピールしてくれました。これはそんな彼らの結成50周年(と55周年)を記念して作られた編集盤シリーズの中の第4集と5集のみ2アイテムだけ、在庫があったようで入荷しました。詳しいクレディットが無いので不明ですが、おそらく70年代以降から近年までの録音を集めたものと思われます。ラテン色が濃厚の、優雅でウォーミーなサウンドが楽しめます。(サプライヤーインフォより)

go top