JUAN MOJAMA / ESENCIA FLAMENCA


juan-mojamaカンテ・フラメンコ史上の“伝説の人”、フアン・モハーマの復刻録音です。1892年、アンダルシアのヘレスに生まれ、1957年ごろまで生きたにもかかわらず、「フエルガ」というフラメンコ通の集まりをカンテの場とわきまえ、わずか数枚のSP録音しか残さなかったという歌手。フラメンコ評論の第一人者、濱田滋郎氏も、その著書でモハーマに関し「SP盤の復刻がせつに待たれる」としています。フラメンコ・ギターの神様ラモン・モントーヤをバックに、得意としていたというブレリアスやシギリーヤスのレパートリーを、まさにホンドなイブシ銀歌唱で聴かせています。

go top