ISSAC DELGADO / LLUVIA Y FUEGO 


1980年代からキューバン・サルサを代表する歌手として活躍してきたイサック・デルガド。キューバに戻ってリリースした2016年のアルバム『メイド・イン・ハバナ』に次ぐ、19年作です。
なんというか、抜群の安定感です。安定感といっても、けっして守りに入っているというのではなく、余裕たっぷりなエースの期待を裏切らない活躍というか、堂々とした横綱の立ち居振る舞いとでもいうか。4曲目ではプエルトリコ・サルサのスター、ヒルベルト・サンタ・ローサをゲストに迎えていますが、がっぷり四つに組んでいます。円熟の歌声ですね。伴奏陣もコンガのペドロ・マルティーネス、ベースのアライン・ペレス、パーカッションのルイス・キンテーロ、サックスのセサル・ロペス、ドラムスのサムエル・フォルメル、11曲目ではゲスト・ヴォーカリストとしても参加しているトランペットのアレクサンデル・アブレウ、ピアノのイサック・デルガドJr.とビクトル・カンベル、キーボード/アレンジのユセフ・ディアス、ギター/アレンジのヘスース・クルース・“ヘスシーン”など、キューバ人を主体に手練揃い。スイング調を取り入れた3曲目と、マンボ・スタイルで臨んだメドレーの10曲目では、19年に生誕100周年を迎えたベニー・モレーのナンバー/レパートリーを取り上げ、6曲目ではチェオ・フェリシアーノのメドレーに取り組んでいます。「エル・チェベレ・デ・ラ・サルサ」の面目躍如ですね。さすがのクオリティです。(サプライヤーインフォより)

1. Lluvia Y Fuego
2. Amor Legible
3. Devuélveme El Coco
4. El Que Siempre Soñó (feat. Gilberto Santa Rosa)
5. En Nuestro Amor
6. Medley Pa’ Cheo: Oriente / Cita A Las Seis
7. En Cada Despedida
8. La Mujer Que Yo Amo
9. Tan Solo un Día
10. Medley Pa’ Benny: Florida Y Morón / Como Arrullo De Palma / Cienfuegos
11. Amplitud De Amor

go top