HOURIA AICHI & L’HIJAZ’CAR / CAVALIERS DE L’AURES


フリア・アイシ&ヒジャーズ・カール / オーレスの騎兵
タイトルにあるオーレスは、アルジェリア北東部に位置するアトラス山脈の町~アルジェリアの独立戦争の出発点ともなった町ということです。フーリア・アイシは、この地域に住むベルベル系のシャウィエン人であり、土地の伝統歌謡の素養をしっかりと身につけた代表的なヴェテラン女性歌手として欧州でも活躍して来ました。~本作ではアラブ系の伝統楽器を主体にしたアヴァンなアンサンブルを得意とする、仏ストラスブール出身の5人組をバックに、独特のコブシまわしを全編で聞かせてくれます。何というか、アルジェリア版トトー・ラ・モンポシーナ?伝統的な民謡をインターナショナルに響かせる力を感じさせる歌い手ですね。というか、冒頭曲のディープなベルベル系生音トランス・ナンバー、08年屈指の新録・名曲と言えそうです。オススメできます。

go top