GIORGOS LAUKAS, PANAGIOTIS MICHALOPOULOS ‎/ TO 13 TO KELLI


 
Originally released in 1975

囚人ケリー、番号13、というような意味なんでしょうかねえ…、鉄格子の中で、死刑を待つ男なのかも知れません。ヨルゴス・ラウカス、1919年に生まれ、自らの名を冠したレコーディングは1945年が最初だったようです。ブズーキ奏者であり作曲家として、多くの歌手に曲を提供し、伴奏者として活躍したレベーティスでした。連名及び自己名義のシングルは多く残していますが、生前にオリジナルLPアルバムを残すことなく、1972年に亡くなっています。本CDはパナイオティス・ミハロプロスとともに残した録音を死後に纏めたものでしょうか、おそらく、60年代後半頃から70年代のはじめにかけて残された音源ということになるでしょう。

 
1 Το 13 Το Κελλί
2 Μέσα Στο Γέλιο Προσπαθώ
3 Το Καπηλιό
4 Για Κάθε Πόνο Και Καϋμό
5 Καψούρα
6 Για Όλα Φταίει Η Ξενητειά
7 Ψεύτρα Κοινωνία
8 Κύττα Καρδιά Να Γιατρευθής
9 Εγώ Για Το Χατήρι Σου
10 Στο Πιο Ψηλότερο Βουνό
11 Χάρε Άχαρε
12 Για Το Χατήρι Μιας Μικρής
 
 

go top