FERRO GAITA / CIDADE YELHA, musica traditional de cabo verde


やっぱり、ブラジルはアマゾンのカリンボーや、あるいは、コロンビアのクンビア等にも通じる、カボヴェルデはソタヴェント諸島のアコーディオン系ダンス音楽、フナナー、その人気グループ、フェロー・ガイタ(ガイタとは蛇腹のこと)の00年代後半頃のアルバムでしょうか?タイトルは『旧市街』〜当店初入荷となるかと。
ところで、カリンボーの隠し味がカボクロ感覚にあるなら、クンビアにはメスティーソやサンボ感覚があり、そしてこのフナナーには、当然ポルトガル系クリオーロの感覚があるわけですね。いかにもアフリカ系の前傾ハチロク・ビートから立ち上るグルーヴに、薄っすらと寄りそうクリオーロ由来のサウダーデ、その辺が、近年主流のシンセ仕様のフナナーと一線を画すところ…、やっぱり、アコーディオンあってこそでしょうね。その聴き応え、さすが、>こちらの人気コレクション ” POUR ME A GROG”の冒頭を飾るだけのことはありますよ!
 
1 Cidade Velha
2 Sodadi Nha Raiz
3 Restam Dama
4 Tudu Familia
5 Kumpadri
6 Di Trabessado
7 Kintal De Belinha
8 Fidjus Funaná
9 Txoman Nhu Rai
10 Pila Kana
11 Talaia Baxu
12 Gaita Ferro

go top