FAHIR ATAKOGLU / ISTANBUL IN BLUE


チューチョ・バルデスやゴンサロ・ル・バルカーバ、あるいはエディ・パルミエリやカルロス・サンタナ、そして菊地 雅章やマーク・リボーなど、様々なバンド、セッションでパーカッション、ドラムスをつとめて来たキューバ出身の打楽器奏者、ホラシオ・エルナンデス…
加えて、フィーリー・ソウルの縁の下の力持ち?オージェイズやビリー・プレストンのナンバー1ヒットでのベース奏者として知られ、その後、ジャズやフュージョンの世界でも多彩なセッションを繰り広げてきたベーシスト、アンソニー・ジャクソン…
そして、ウィリー・コローンやポール・サイモン、セリーヌ・ディオン、マイク・スターンらのバックに参加して来たサックス奏者、ボブ・フランセスチーニ…
マイルス・デイヴィスやブレッカー・ブラザーズをサポートし、ジャズ、フュージョンの世界で活躍、自らもバンドを率いるギタリスト、マイク・スターン…
同じくギタリスト、スティーリー・ダンやカーラ・ブレイ、ビル・フリーゼル、ビリー・コブハムやクリス・ポーターらをバックアップ、自らのもバンドを率いるウエイン・クランツ…

と、そんな音楽家たちを集めて、本作を作ったのは、イスタンブール生まれのピアニストにして作曲家、ロンドンを経て米国で、様々なジャンルで作曲家、ピアニストとして活躍しているファーヒル・アタコグル…トルコにおいても、セゼン・アクスやセルタブ・エレネル、あるいはギリシャのノーティス・サファキアナキスらに、ヒット曲を提供して来たそう….

というわけで、そのアタコグルが、米国でともに仕事をして来たエルナンデス、ジャクソン、スターン、クランツらとともに録音制作したのがこの2007年作品ということに(省略してもイイようなことを長々と?ハァ〜、疲れた…)。

ともあれ、イイ感じのジャケじゃないですか…
たまたま聴いた “ Istanbul In Blue” が、なかなか黄昏れていて、ハードボイルドかつ無常という風だったので、初入荷です。〜この一曲がメインですね?

 
1 Fuse On
2 Sync-op
3 Black Sea
4 Aheste
5 Connection
6 Ess
7 Gypsy In Me
8 Four Corners
9 Trapped
10 Istanbul In Blue
 
Contrabass – Anthony Jackson
Drums, Congas – Horacio El Negro Hernandez
Guitar – Mike Stern, Wayne Krantz 
Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Flute, Bass Clarinet – Bob Franceschini

 

Piano, Electric Piano, Synthesizer, Voice – Fahir Atakoğlu (Produce, Composition)  
 
 

go top