EDGAR SEKLOKA / UNPEUDE SUCRR


エドガール・セクロカ、カメルーン人とベナン人の両親のもと、1978年にパリで生まれています。舞台芸術を学び、脚本家、詩人でもあるそうですが、小説も上梓しています。
一方、パリのカフェで、スラム・セッション “ワードバトル” を長らく主催、>ガエル・ファイユの友人、随伴者でもあり、ラッパー or シンガーとしても活動して来ました。 CD デビューはガエル・ファイユと組んだフレンチ・ラップ・ユニット “Milk, Coffee and Sugar” のファースト・アルバム(2010)  。そして本作は、ソロとしては2作目のアルバムとなります。

以下、メーカー・インフォ(仏語)を、google 飜訳にかけてみました。意味不明部分も多いのですが、何となくわかります。

彼の新しいアルバムのために、エドガール・セクロカは、日々の苦味を消すすべてのものをつかみたいと思っています、そしてそれは彼が少しの砂糖と呼んでいます。 少しの砂糖は同時に愛、ユートピア、透視、灰色を損なう色、音楽の官能性、希望…私たちの現代にはひどく欠けているこれらの数グラムの本物の甘さを再び作成する方法? 少し、飲みすぎると、薬はすぐに毒、中毒、権威主義、専制政治に変わり、私たちを、私たち自身の奴隷にする危険を冒す可能性があります。 中毒のマスクの下で何を実行しますか? 質問する勇気がなければ、間違いなく答えられません。 私たちに欠けているものを特定するための芸術的な反応として、音楽や詩を通して繊細で集合的な経験を共有することの可能性。

01 Introduction
02 Veux-tu
03 Monte Dans Mon Carrosse
04 Cicatrice D’Utopie -Avec Koto Brawa
05 Oh No -Avec Ange Fandoh
06 Il Lui Manque Les Mots
07 Pour Deux Pièces
08 Des Chanceux Euses -Avec Koto Brawa
09 Bal Poussière De La Machine

go top