BEETHOVA OBAS / BON BAGAY


マラヴォワとも交流のあるハイチのSSWによるシャンソン・クレオール!
著名な画家として知られたシャルル・オバスを父に持つハイチ人男性歌手ベートヴァ・オバス(1964年生)。ギターとアコーディオンを独学で学びプロとしてデビューを果たした彼は、マヌ・ディバンゴが審査員長を務めたコンテストで「ベスト・ヤング・シンガー賞」を受賞。その官能的な歌声とサウンドで広く注目を浴びた彼は、その後マラヴォワの『マテビス』(1992)にゲスト参加すると、その名前が世界で知られるようになった。そのベートヴァが2020年に発表した本作では、クレオール・ジャズを基調としたお洒落なサウンドをバックに、貫禄十分の歌声をリラックス・ムードたっぷりに聴かせてくれる。まさに〈ヘイシャンAOR〉と言いたくなるような良質で素晴らしいシャンソン・クレオールが堪能できる1枚! (サプライヤーインフォより)
●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。

1. Bon Bagay
2. Liberasyon
3. Ou La
4. Ponte de Pie
5. Pale Yo
6. Traka
7. DRA  (Inspiré de Drão de Gilberto Gil)
8. Éclosion
9. Bio
10. Eleman
11. Oyapock

go top