ANNA HRYSAFI ‎/ MIN PARATRAVAS


アンナ・フリサフィ、1921年、小アジアからの帰還者を両親にアテネで生まれました。はじめ、裁縫の仕事につきましたが、数々の女性歌手を世に送り出したブズーキ奏者にして作曲家、マノリス・ヒオティス、ヴァシリス・ツィツァーニスらに歌い手としての才を認められ、1949年、現在も続く名高いロッシニオル酒場で歌うようになり人気を博します。1950年にはシングル・デビュー、1952年には映画にも出演、マノス・ハジダキスやメリナ・メルクーリ、ヨルゴス・ザべータスとともに、舞台にも上がるようになり、50〜60年代を人気歌手として過ごしました。
アンナ・フリサフィはほぼ名のあるレベーティス全員と共演して来たことでも知られますが(ヤニス・パパイオアーヌ、マルコス・ヴァンヴァカリス、ソティリア・ベール、マリカ・ニーヌ、ヴァシリス・ツィツァーニス等々)、70年代のレベーティカ・リヴァイヴァルの際には再びクローズアップされます。本作は、そんな最中に録音された1976年のセカンドLP アルバムのストレート・リイシューCDとなります(ファーストLPアルバムは1972年にリリース)。
この時、55歳、70年代半ば録音らしい(ミノス・マナー?の)端正なバックにおいて、それでも50年代を歌いぬいた飾りなくも瑞々しい、大きな弧を描くようなレベーティカならではの歌いぶりが素晴らしく、その愛想無さそでありそうな?日吉ミミをもっと上手くしたような?淡々とした節まわしが癖になりますね!
2013年に92歳で亡くなりましたが、もう一作、1996年に自己名義CDアルバムを残しています。
 
1 Απόψε Είναι Βαριά
2 Πώς Θα Περάσει Η Βραδυά
3 Ηλιοβασίλεμα Σωστό
4 Οι Ντιντήδες
5 Το Χασαπάκι
6 Η Μόρτισσα
7 Μην Παρατραβάς
8 Είσαι Γυναίκα Πονηρά Που Αγαπάς
9 Μη Μ’ Αφήσεις Να Με Πάρει Ο Ποταμός
10 Επήρες Τις Βαλίτσες Σου
11 Ένας Σατράπης Θηλυκός
12 Γεια Σου Γιάννη Τι Χαμπάρια

go top