ANDREAS KATSIGIANNIS & ESTOUDIANTINA NEAS IONIAS -V.A. / GI TIS IONIAS


スミマセン!あまりにも高かったので、初回入荷の際は、とりあえずの僅少入荷となってしまいましたが(結構ブ厚いハードカヴァーの BOOK を見て、お値段にも頷けましたが…)、今年のギリシャもの新譜注目の作であることに違いはなしと判断し再入荷と相成りました。
ウード奏者にして作曲家、アンドレアス・カツィヤニス率いるエストゥディアンティナ・ネアス・イオニアスの新作ということで、1920年代の初め、アナトリアの港街、スミルナのギリシャ系住民を見舞った悲劇、そして先にオスマン・トルコから独立を達成していたギリシャへのアナトリア流民達の帰還、そうした史実をテーマに制作された企画盤となります(“スミルナの大火”から100周年だということです)。
と、そうした流民の歌、あるいは、アナトリア〜イオニア半島で親しまれたギリシャの古謡を下敷きに、現在ギリシャを代表するトラッド派作曲家、アンドレアス・カツィヤニスが作曲を担当、歌詞は11人の現役詩人による書き下ろし、そして演奏はカツィヤニス率いるエストゥディアンティナ・ネアス・イオニアスによるもの…というわけで、アナトリアのギリシャ古謡の再現としては、望みうる限り最高の布陣によるアルバムなのですが、加えて、なんと言っても招かれた歌い手達がまた凄いわけで、ヨルゴス・ダラーラスはじめ、アルキスティス・プロトサルティ、エレーニ・ツァリゴプール、レオニーダス・バラファス、アスパシア・ストラティグゥ、ナターサ・セオリドゥ、バビス・ストカス、新進マリオス・フランゴリス他と、当店推奨歌手常連オールスターズが揃い踏み!そこんとこ、実にポイント高いですねえ。
トータル・アルバムらしくも流麗なオーケストレーションによる映画音楽みたいなインストや、ゲスト俳優による詩の朗読なども含むところが、普段聴きとしてはちょっと大仰な部分もありますが、新興 OGDOO レーベルが総力を上げた充実盤、全体、常よりもいっそう憂愁、悲哀感に満ちたアナトリア由来のメロディー溢れるオール・スター歌の競演、やっぱり見逃せません!(…それにしても、また、お高くなってしまってスミマセン!)

>こちらでも紹介されました(無断リンク陳謝&感謝!)


 
1 ΑΝΑΤΟΛΗ – Mários Frankoúlis
2 Ο ΜΥΘΟΣ & Ο ΘΡΥΛΟΣ ΤΗΣ ΙΩΝΙΑ (Αφήγηση Μιμή Ντενίση)
3 ΔΩΣΕ ΜΟΥ ΦΤΕΡΑ – Alkistis Protopsálti
4 ΜΙΚΡΑ ΑΣΙΑ (Ορχηστρικό)
5 ΕΜΒΑΤΗΡΙΟ ΤΟΥ ΩΚΑΙΑΝΟΥ – George Dalaras
6 KISMET (Αφήγηση Θωμάς Κοροβίνης)
7 ΑΣΠΡΟ ΠΑΝΙ – Bábis Stókas
8 ΓΥΝΑΙΚΕΣ ΤΗΣ ΣΜΥΡΝΗΣ (Αφήγηση Θωμάς Κοροβίνης)
9 ΜΙΚΡΗ ΠΡΑΣΙΝΗ ΘΑΛΑΣΣΑ – Leonídas Baláfas
10 ΟΡΟΦΕΡΝΗΣ – Eléni Tsaligopoúlou
11 ΙΩΝΙΑ (Ορχηστρικό)
12 ΤΡΟΙΑ – Manólis Mitsiás
13 ΚΑΙΝΟΥΡΓΙΑ ΠΑΤΡΙΔΑ – (Ορχηστρικό)
14 ΟΙ ΕΛΛΗΝΕΣ ΤΗΣ ΣΜΥΡΝΗΣ – (Αφήγηση Μιμή Ντενίση)
15 ΦΩΣ ΑΠΟ ΓΗ ΜΑΚΡΙΝΗ – Alkistis Protopsálti
16 ΣΤΕΡΝΗ ΠΑΤΡΙΔΑ – Aspasía Stratigoú
17 ΟΙ ΦΙΛΟΙ – Zacharías Karoúnis
18 Ο ΧΟΡΟΣ ΤΗΣ ΘΑΛΑΣΣΑ – (Ορχηστρικό)
19 ΝΟΣΤΑΛΓΙΑ (Αφήγηση Ελένη Κοκκίδου)
20 ΕΝΑ ΦΙΛΙ ΓΕΙΑ ΚΕΙΝΟΝ – Natása Theodorídou
21 ΙΟΝΙΑ «ΕΝΑΣ ΑΛΛΟΣ ΚΟΣΜΟΣ» (Αφήγηση Χρύσα Παππά)
22 ΜΟΙΡΟΛΟΪ ΤΗΣ ΑΓΑΠΗΣ – Giórgos Bagiókis
23 ΕΠΙΛΟΓΟΣ – Η ΘΑΛΑΣΣΑ ΜΑΣ (Αφήγηση Θωμάς Κοροβίνης)

go top