ANASTASIA MOUTSATSOU / GYALINA PALATIA


アナスタシア・ムツァッツウ〜(1961−)ペロポネソス半島の南端、ベラディニア生まれピレウスで育ち、1982年ピアノバーで歌い始めた女性歌手、初めはレベーティカを歌っていたそうですが、その澄んだ歌声からニシオーティカ(島唄、彼女の場合はキクラデス諸島の島唄)やエデフノ(いわゆるアート・ソング)、そして、もちろんライカを歌うことに…。
本作は98年リリースの6作目、その透明感ある歌声が、涼やかにPOPな味わいとともに、たっぷりと楽しめる作となっています。
で、改めて思うのは、エレフセリアの先駆、ということでしょうかね…。
 
1 Και Η Ζωή Συνεχίζεται… 4:05
2 Άνοιξη Ερωτευμένη 5:07
3 Γυάλινα Παλάτια 2:35
4 Γλυκό Κρασί  3:00
5 Έννοια Της Καρδιάς Μου 5:05
6 Γιαρνανά Γιαρνανέ  3:34
7 Γυναίκες Μόνες 3:37
8 Σαν Άγγελος 3:28
9 Καταπέλτης 3:40
10 Έρωτας Δίχως Πάθη 4:25
11 Ήσουν Κάτι Πιο Πολύ 3:26
12 Ο Χρόνος 6:05
 
*ジャケ些少経年劣化あり、CDに問題ない中古盤も在庫あります。¥2000
 

go top