ANASTASIA MOUTSATSOU ‎/ MIA NYCHTA STOUS AIONES, 16 Tragoudia Tou Noti Mavroudi


アナスタシア・ムツァッツウ(1961−)ペロポネソス半島の南端、ベラディニア生まれピレウスで育ち、1982年ピアノバーで歌い始めた女性歌手、初めはレベーティカを歌っていたそうですが、その澄んだ歌声からニシオーティカ(島唄、彼女の場合はキクラデス諸島の島唄)やエデフノ(いわゆるアート・ソング)を歌い出したそう。アルバム・デビューは1992年のMUSIC BOX盤LPでした。
1992年から数えて6作目の自己名義スタジオ録音アルバムとなる本盤、 “16 Tragoudia〜” とあるので、ベスト・アルバムかと思っていましたが、そうではなくて、1945年生まれの作曲家にしてクラシック・ギタリスト、ノティス・マヴロディスが作曲したナンバーから、ギター演奏と歌声の調和をテーマに、マヴロディスとともに選んだ16曲をアナスタシアが歌い綴った作とのこと。クラシカルなガットギターの響きに寄り添うように、アナスタシアが透明繊細な歌声を聞かせるアルバムとなっています。

1 Κάθε Μια Νύχτα
2 Άκρη Δεν Έχει Ο Ουρανός
3 Φώναξέ Με
4 Ίσως Φταίνε Τα Φεγγάρια
5 Τα Γιορτινά Σου Φόρεσε
6 Ειν’ Αβάσταχτο Να Φεύγεις
7 Πρωινό Τσιγάρο
8 Ήταν Μεγάλη Η Νύχτα
9 Εμπιστευτικόν
10 Ερωτικό
11 Κρίση
12 Λίγο Πριν Φτάσει Η Άνοιξη
13 Λαβωματιά
14 Σάββατο Απόγιομα
15 Η Ωραία Ανδριάνα
16 Το Βαλς Της Ζωής

go top