ANASTASIA DELIDIMOU, ANDREAS KARAKOTAS ‎/ TOU HEONOU O GITEFTIS


テッサロニキ出身の女性作詞作曲家、アナスタシア・デリディムのデビュー作、タイトルは『時間の魅惑』、本人も歌いますが、多くの曲を歌ってる男性歌手、アンドレアス・カラコタスがイイですねえ(90年代初めにデビュー、多くのコンポーザーズ・アルバムで歌っていますが、リーダー・アルバムは04年作のみで、本作は彼のセカンドと言ってもイイ作かと)。編曲は、やはりテッサロニキの若手、パノス・コスミディス。
「ローザ・エスケナージに耳を傾け、わたしの心はため息をつきます…」というのは、本作に関してインタビューされた中、アナスタシア・デリディムが漏らした言葉。
 
1 ΜΟΝΑΧΑ ΠΑΥΣΕΙΣ ΚΑΙ ΣΙΩΠΕΣ
2 Ο ΝΑΥΑΓΟΣ 
3 Ο ΑΚΡΟΒΑΤΗΣ
4 ΒΑΘΙΑ ΑΝΑΣΑ
5 Ο ΕΡΩΤΑΣ ΚΙ Ο ΧΡΟΝΟΣ 
6 ΕΙΝ’ ΑΠΟ ΧΩΜΑ Η ΖΩΗ
7 ΑΚΟΥ, ΣΩΠΑΣΑΝ ΤΑ ΠΟΥΛΙΑ 
8 ΓΑΛΑΖΙΑ Η ΘΑΛΑΣΣΑ ΞΑΝΑ
9 ΜΙΚΡΟΙ ΙΚΑΡΟΙ
10 ΝΑΝΟΥΡΙΣΜΑ 
11 ΕΠΙΛΟΓΟΣ

 


go top