AMBROSE ADEKOYA CAMPBELL / LONDON IS THE PLACE FOR ME 3


1919年ナイジェリア生まれ、40年代にロンドンへ移住~そこでウェスト・アフリカン・リズム・ブラザーズを結成(その録音は本ロンドン~シリーズ第2集にも収録)、72年頃までロンドンのアフリカ/カリブ系移民コミュニティを中心に活躍したそうです。グループ解散後は、渡米しレオン・ラッセルのグループに加わったり、ジャマイカのプリンス・バスターとつきあったり、で、現在も英国でセミ・リタイア状態で暮らしているとのこと。それで、この50~60年代を中心とした、英メロディスク盤SP&EPコレクションで聞くことができるキャンベルの音楽性なんですが、 一言でいえば“ミクスチュアー・ハイライフ”とでも。ロンドンだからこそのカリプソはもちろん、ジャズやラテン等とのミクスチャーぶりが魅力、やっぱりナイジェリアンとも、ガーナニアン・ハイライフとも一味違う面白さでしょう。どこか、スッとぼけたヴォーカル&コーラス、ミュート・トランペットに各種打楽器、ジャジーなギター等を中心に(後期の曲ではピアノやホーンズがついて)、ロンドンのアフリカ音楽ならではの面白さを聞かせます。

A-1 West African Rhythm Brothers We Have It In Africa 2:20
A–2 West African Rhythm Brothers Oba Adele 3:26
A–3 Nigerian Union Rhythm Group The Wind In A Frolic 3:26
A–4 West African Rhythm Brothers Iku Koni Payin 3:44
A–5 Ayinde Bakare & His Meranda Orchestra Ibikunle Alakija 2:35
B–1 West African Rhythm Brothers Omo Laso 2:26
B–2 West African Rhythm Brothers Calabar-O 3:00
B–3 West African Rhythm Brothers Emi Wa Wa Lowo Re 2:48
B–4 West African Rhythm Brothers Iwa D’Arekere 3:08
B–5 West African Rhythm Brothers Ominara 3:01
C–1 Nigerian Union Rhythm Group The Memorial Of Chief J. K. Randle 2:48
C–2 West African Rhythm Brothers Mofi Ajabi Seyin 3:20
C–3 Nigerian Union Rhythm Group Unity 2:50
C–4 Nigerian Union Rhythm Group Oratido Soso 2:47
C–5 West African Rhythm Brothers Ayami 2:22C
C-6 1West African Rhythm Brothers Oba Ademola II 3:04
D–1 West African Rhythm Stars Late Ojo Davies 3:01
D–2 West African Rhythm Stars Geneva Conference 3:08
D–3 West African Rhythm Brothers Ele Da Awa 2:44
D–4 West African Rhythm Brothers Aye Wa Adara 2:55
D–5 West African Rhythm Brothers Lagos Mambo 2:43
D–6 West African Rhythm Brothers Odudua 1:56
D–7 West African Rhythm Brothers I Am A Stranger 2:51

go top