BANTU / EVERYBODY GET AGENDA


先だって、深沢美樹センセと話をしていて、>こちらアンティバラスの2020年新作しかり、そして、このバントゥしかり、今年のアフロビートは充実していた、という話になりました。というより、アフロビートは風化していない!という話になりました。
このバントゥー、ナイジェリア系ドイツ人として、以前はベルリンでラッパーをやっていて、05年にはナイジェリアはフジの中堅(当時は若手)のアデワレ・アユバとの>共演盤をリリース、その後(bunboni さんによれば、>★無断リンク陳謝&感謝!)、どうやらナイジェリアへ帰還し、アフロビート路線のアルバムを2作リリースしていたこと、当方寡聞にして知りませんでした〜ナイジェリア盤CDではなくて、EUでリリースされていたようです。それどころか、生前のファタイ・ローリング・ダラーやトニー・アレンとも共演していたとのこと…。ということは、そうか、この新作には一朝一夕にしてたどり着いた境地ではないのだなと納得。う〜ん、なるほど、継続は力なり、シェウン・クティ参加曲も収められた本盤を聴き、そう思った次第です。9月に Noboru さんからリクエストをいただいていたにもかかわらず(>★)、当店的には、なかなか入手困難、今になってしまったことも、お詫びしつつ、アフロビートは風化していない!こと、改めて、皆さんとともに確認させていただきたいと思っていますよ、

1 Animal Carnival
2 Disrupt The Programme
3 Water Cemetery
4 Cash And Carry
5 Jagun Jagun
6 Killers & Looters
7 Me, Myself And I
8 Man Know Man
9 Big Lie
10 Yeye Theory

go top