SUSANA BACA / VESTIDA DE VIDA 


ペルー新政権で文化大使に任命されたスサーナ・バカの1997年作。デヴィッド・バーンのルアカ・ボップからも多くの作品が発売され、以前から「ペルー音楽大使」の異名を持っていましたが、これで名実ともにペルーを代表するアーティストとなったわけです。
本作は、アメリカス(アメリカ大陸各地)における「黒人音楽」を綴った内容。キューバの「カント・ア・エレグア」に始まり、ベネズエラ、プエルトリコ、コロンビア、米国はガーシュウィンの黒人オペラ『ポーギーとベス』から有名な「サマータイム」、ウルグアイはアルフレード・シタローサの曲、ブラジルはミルトン・ナシメントのナンバーと、各地からのピックアップによる前半に、ペルーの様々なアフロ色を持つ音楽を紹介した後半の2部構成となっています。「サマータイム」での絶妙ソロが光る、ペルーの名ジャズ系ギタリスト、ラモン・スタグナロや、こちらもギターの名手として知られるフェリクス・カサベルデらが参加。

1. Canto A Eleggua
2. Jose Leonardo
3. Negro Bonito
4. Dos De Febrero
5. Summertime
6. Dona Soledad
7. Portal Del Color
8. Vestida De Vida
9. Zancudito
10. Belen Cochambre
11. Son De Los Diablos
12. Deja Ya De Pensar
13. Horas De Amor
14. De Espana Nos Llego Cristo
15. Bartola

go top