ANTONIO MAIRENA / RAICES DEL CANTE GITANO 


20世紀を代表するカンテ・フラメンコの巨匠アントニオ・マイレーナ。1973年にリリースされた2枚のLP『カンテス・デ・カディス・イ・ロス・プエルトス』からマイナス2曲、『トリアーナ、ライース・デル・カンテ』からマイナス1曲してカップリングした2004年リリースのCDです。ギター伴奏はメルチョール・デ・マルチェナとエンリケ・デ・メルチョール。張りのある歌声は、まさに至芸と言うに相応しいですね。同じく73年の2枚のLPから13曲を収めたCD『GRANDES CANTAORES DEL FLAMENCO』とは別編集で、そちらに未収録の3曲がこちらのCDには収められています。(サプライヤーインフォより)

1. La mulilla (bulerías)
2. Tanto llamar (seguiriyas de los puertos)
3. Mañana me voy (tangos)
4. Por tu causa (soleares de Cádiz y Jerez)
5. Tres cuadros (tanguillo)
6. A mis enemigos (seguiriyas de Cádiz y los puertos)
7. Los llaman (giliana)
8. Me muero yo (seguiriyas de Triana)
9. Alevántate (tonás)
10. Romance de la princesa Celinda (corrida)
11. Gitana pura (bulerías)
12. Los pasos (seguiriyas de los puertos y Triana)
13. En Santa Ana (tangos de Triana)

go top