JAIRO PEREIRA / VENHA VER O SOL


アフロ・ブラジル要素にブラック・コンテンポラリーなR&Bのエッセンス、ヒップホップも交えてアウトプットする男性アーチスト、ジャイロ・ペレイラの2nd
舞台・映画俳優でラッパー、シンガー・ソングライターと幾つもの顔を持つジャイロ・ペレイラは、ロウレンソ・ヘベッチスのプロデュース作で話題となった女性シンガー – シェニア・フランサと共に、サンパウロを拠点にしたサンバ・ソウルのバンド – アラーフィアに’94年からヴォーカリストとして参加、4枚のアルバムをリリースしています。ポエトリー・リーディングから、チェンバーでメロウなアンサンブルに、そしてキューバン・ソンからアーバンなサンバ・ソウルへ変幻自在に移りゆくサウンド。詩人として抜群の存在感を放つと渋目の唄声にライム・フロウ。前述のシェニア・フランサを含むアラーフィアの面々が参加したm-2″Pro que virá”、キューバ出身のチェロ奏者ヤニエル・マトス参加のm-3″Todos querem liberdade”、賑やかに夜を彩るパーティー・ソウルを紡ぎだすサムエル・イ・ア・セルヴァのサムエル・サムカがゲストvoのm-7″Não somos românticos”、女性コーラスとのエンボラーダ(太鼓を叩きながらの掛け合い)が聴けるm-9″Abebé”、神秘的な唱法をみせるディーヴァ – ルシアナ・オリヴェイラがゲスト参加したm-12″A chegada”まで、舞台芸術での経験を生かすかのようにロジカルに、クールに、ブラック成分を抽出した好盤。(サプライヤーインフォより)

というわけで、冒頭曲、ポエットリーディング(1分以上)で、どうなることかと思ったら、詩人の感性に裏打ちされた適度に凝ったファンク・マナー、適度にサウダージ漂うミディアム&スロー、適度に前傾するラップ? 詩人のフロウ? なかなかどうして、気に入ってしまったのでした。セウ・ジョルジをちょっとメロウにしたような声そのものがまずイイ!オススメしたいところです。

go top