OMARA PORTUONDO / OMARA SIEMPRE


昨年(2019年)、ベニー・モレーに捧げるアルバムをダンソーンのオリジネイター、ミゲル・ファイルデの玄孫にあたるエティエル・ファイルデ率いるオルケスタと発表して、健在ぶりを示していたキューバの歌姫オマーラ・ポルトゥオンドの2018年録音盤が、初入荷しました。
アルバム・タイトル『オマーラ・シエンプレ』=“いつまでもオマーラ”が示すとおり、録音時87歳にして全然衰えていないですね。そして、トラック2、3、6の様なオマーラの十八番の再録は、よりフレッシュです。その他の新曲もオマーラ節全開でいいですね。
アレンジはほとんどの曲を最近のってるアライン・ペレスが担当。バックは、一昨年の来日時のロランド・ルナ、ゴストン・ホヤ、ロドニー・バレート、アンドレス・コアヨという布陣を中心に、アライン・ペレスらが参加しています。
また、曲によりゲストをフィーチャリング。オサイン・デル・モンテ、バン・バン、イサーク・デルガド、ベアトリス・マルケス、セプテート・アンティアゲーロ、ディアナ・フエンテス、アイメー・ヌビオラといった豪華ラインナップ。さらにボーナスとして、フィト・パエスの名曲をメキシコのリラ・ダウンスとデュエットしたトラックを収録しています。
CD-Rですが、音質も良好です。
DVD-Rの方は、本アルバムのメイキングを収録。約25分。録音シーンもふんだんに入っていますよ。リージョン:ALL/NTSCですので、一般家庭用デッキで視聴OKです。(サプライヤーインフォより)

go top