CHAVELA VARGAS / MACORINA


2012年に93歳でその波乱の生涯を閉じたメキシコ歌謡の女王、チャベーラ・バルガス(1919年コスタリカ生まれ)。ペドロ・アルモドバルにリスペクトされるなど、キャリア後期にはスペインで人気再燃となりましたが、本作はそのスペインで録音された94年のアルバムです。この年は、本作タイトルにもなっている「マコリーナ」に「パロマ・ネグラ」と、チャベーラ・バルガスの代表曲タイトルを歌詞に織り込みオマージュを捧げた、スペインの人気シンガー、ホアキン・サビーナの「ポル・エル・ボウレバール・デ・ロス・スエニョス・ロトス」でヒットを飛ばしていました。ここでは、ギター2本を主としたシンプルな伴奏で、ホセ・アルフレード・ヒメネスやクコ・サンチェス、カルロス・ガルデルのナンバーも披露。情感豊かに、齢を重ねて深みを増していったチャベーラの歌声が引き立っています。(サプライヤーインフォより)

1. Vamonos
2. Zandunga
3. Piensa en Mi
4. Por Que Volviste a Mi
5. Simples Cosas
6. Que Te Vaya Bonito
7. Sus Ojos Se Cerraron
8. Cuando Vivas Conmigo
9. Corazon, Corazon
10. Si No Ti Vas
11. Macorina

go top