V.A. / SOUL SEGA SA ! Indian Ocean Segas From 70’s vol​.​2


セイシェル、モーリシャス、レユニオンにまたがるインド洋海域で19世紀に派生したというアフリカ移入民起源の大衆ダンス音楽セガの、POPとしての黄金時代、1970年代音源を発掘復刻したコンピレーション〜第2弾とはいえ、いやいや、第1弾よりも、いっそう鄙びた南洋(インディアン・オーシャン)風情が、たっぷり楽しめますよ!(茶色っぽいジャケの方がアナログLPです。)

以下、メーカーインフォより
アフリカ沖インド洋に広がる、音楽文化セガ。かつての奴隷達が生み出したセガが、ポピュラー音楽として大きく花開いた1970年代の音源を集めた、コンピ第2弾。
● アフリカ大陸の東に広がるインド洋に浮かぶ、レユニオン、モーリシャス、セーシェル、といった島国(旧フランス領)やフランス海外県。その文化圏に共通して聞かれるクレオール・ミュージックが “セガ” です。
● 16世紀の終わり頃から植民地化されたこれらの島には、コーヒー、スパイス、サトウキビを栽培するため、アフリカ大陸や近隣の島であるマダガスカルから奴隷が連れてこられました。彼らが日々のつらい労働を忘れるために行った太鼓演奏と歌とダンスが “セガ” です。
● ハチロク系のリズムをパーカッションが叩き出し、歌がコール・アンド・レスポンスで盛り上げるアフロ系ダンス音楽のセガは、クアドリル、マズルカ、ポルカなどのヨーロッパから伝わってきた音楽を取り入れ、またインドやインドネシアなどアジアから流れてきた人たちの音楽にも影響され、クレオール・ミュージックとして発展しました。1950年代からは、レコードと共にラテンやブラジル音楽、ジャズやロックンロールが伝わると、それらまで飲み込んでいきました。
● 1960年代頃には、電気増幅されたエレキギター、ベース、キーボードやドラムで演奏されるようになり、多くのインディペンデント・レーベルが誕生し、一気にポピュラー化が進み、多くのディスクが生産されました。
● 本アルバムは、1970年代に、レユニオン、モーリシャス、セーシェルで発売された7インチ・レコードからコンパイルされた、貴重な音源集です。
● サイケデリックなキーボード、ファズギター、アコーディオン、跳ねるベース、オリエンタルなムードも醸し出すヴォーカルが、ドラムや太鼓、トライアングルなどのパーカッションから繰り出されるポリリズムに強烈に絡み、強烈でユニークなサウンドが繰り出されます。
日本語解説:石田 昌隆

1.Cyril Labonne – Roseda 02:59
2.Harold Berty – Pas Bisin Batte Li 03:20
3.Los Fantasios – Assez Pleuré 03:31
4.Jean Claude Gaspard – Faire L’amour Pas La Guerre 03:34
5.Ti L’Afrique – La Misère Noire 03:15
6.Michelle Admette – Zanguille 4 Couleurs 04:32
7.Claudio – To Crier La Misère 03:57
8.George Armel – Trouloulou 02:45
9.Michel Legris – La Vie Ca Pauvre Femme La 02:58
10.Thermogène – Ranne Moi Mon Coq 03:49
11.Serge Lebrasse – A Cause Sa Cyclone La 02:51
12.John Wirtz – Malheur L’arac 02:17

go top