RUBEN RADA / RADACES


カンドンベやムルガといったアフロ・ウルグアイ音楽にファンクやジャズやロックやタンゴをフュージョンさせるウルグアイ音楽の第一人者的存在、ルベン・ラダ。1975年録音、76年リリース作のリイシューです。全曲自作で、ラダも参加したウーゴ・ファットルーソらのグループ、オーパのアルバムなどでも演じられている1曲目、一部英語詞を交えた4教目、管楽器入りの7曲目や10曲目など、ロックやファンクにアフロ・ラテン要素を加えた音作りで、軽妙かつソウルフルなヴォーカルを披露しています。ラダと共にアレンジ&ディレクションも手がけるピアノのフリオ・フラーデ、エドゥアルド・マテオとの共演盤もあるパーカッションのホルヘ・トラサンテらが参加。(サプライヤーインフォより)

1. Ahé, Ahé
2. De semana a semana
3. De todos modos… Adiós (Good bye, my love)
4. Nena
5. Upa Nega
6. Reencarnación
7. Malísimo
8. La Rana
9. Ayer te ví
10. La rada

go top