ALI FUAT AYDIN, CENK GURAY / OTE


オスマン帝国時代の最後を飾る天才弦楽器奏者、タンブーリー・ジェミル・ベイ(1873-1916)は、本来は声楽が基本であるトルコ古典のもっとも粋な部分を、タンブールやケマンチェ、チェロといった弦楽器で表現しました。そんな大家のSP音源を手本に、オスマン古典に特化した活動を続ける二人のサズ奏者がタンブーリー・ジェミル・ベイを再現しようとした野心作。曲により、パーカッション、アコーディオン、ギター、タンブール奏者が参加。

1. Cerit Osman Zeybegi
2. Eski Kordon Zeybegi
3. Kordon Zeybegi
4. Aptalikos
5. Mistirio Zeibekiko
6. Rast Zeybek
7. Limni Zeybegi- Limneiko
8. Nikriz Longa
9. Izmir Zeybegi
10. Ta Ksila
11. Plevra
12. Tenedio
13. Çeçen Kizi
14. Erzincan’da Bir Kus Var

Mustafa Göçer: Percussion, (2,8.9,13)
Muammer Ketencolu: Accordion (3,7)
Sertaç Işık: Guitar (4,7)
Murat Salim Tokaç: Tanbur (8,13)

go top